冷蔵庫の引越しで運搬料金が安い業者

冷蔵庫の引越しが一番安い業者の見つけ方!

引越しで冷蔵庫のみを運搬してもらうならどこが一番安く運んでくれるのか気になりますね?

 

実は冷蔵庫だけでも業者によって高いとこ、安いとこと別れるので

 

一社だけの料金を見て決めてしまうのは、もったいないです。

 

(クロネコや佐川も参加中の無料一括査定サービスです。)

 

ただ単に、料金を比較しただけで他の業者との差が半額以下になったなんて事も起きているんですよ。

 

『それで、結局どこが安いの?』

 

その安い業者を調べる為にあるのが、一括見積もりサービスです。

 

参加している業者さん同士で価格競争をしてもらう為にあるサービスなので、

 

業者も最初から最大限値引いた勝負価格を出してくれることにつながります。

 

 

その中で比較して、一番安い最安値業者を見つける為に一括見積もりをお役立て下さい。

 

もちろん、ただ格安な業者だけじゃなく、

 

日本のトップクラスの運送業者から引越し業者まで参加していますので、費用の相場を知る為にも役立ちます。

 

 

利用者も多く全国対応の人気の一括見積もりはこちら

 

引越し侍

TVCM放映中の引越し侍は、利用者が多く知名度のある無料サービスです。

 

大手の引越しセンターから格安な中小企業まで230社以上が参加中で、最大10社までの料金比較が可能です。

 

満足度も95%以上と評判が良く、入力にかかる時間は最短1分で完了します。

 

ご利用者にはキャッシュバックキャンペーンがあるなど、特典がご用意されています。

 

 

ホームズ引越し

ホームズは大手ネクストグループが運営する老舗の一括見積もりサービスです。

 

クロネコヤマトや赤帽まで幅広い企業が参加しているのでとりあえずチェックしておいて損はありません。

 

また、お住まいの地域で対応が出来る業者を選べるため、見積もり数を減らす事も可能です。

 

 

ズバット引越し

ズバットも利用者が多く、現在では400万人以上の方にご利用されています。

 

ヤマトや福山通運など220社以上が参加しており、最大で10社までの見積もりが取れます。

 

フリーダイヤルによるお問い合わせ窓口もある為、ご利用に不安のある方は活用して下さい。

 

 

 

 

 

ご利用は無料で費用は一切かかりません。

 

冷蔵庫以外にも運んでもらいたい荷物があるのであればそちらも入力していくらぐらいになるか早速、確認してみましょう。

 

冷蔵庫の引越し前の準備

引越しの日程や業者が決まったら、それに向けた冷蔵庫の準備が必要になります。現在の住まいから新しい引越し先に運ぶためには一度電源を抜いて運ばなくてはいけなくなるため、事前に確認をしていて下さい。

 

 

事前準備の進め方については、引越し業者から渡される注意事項に書かれてありますのでそれにしたがって作業をすすめていきます。

 

冷蔵庫は一度電源を抜いてしまうため、引越しの距離にもよりますが丸一日以上電源が入らない状態になります。(メーカにより異なりますが、概ね20時間前が電源を抜くタイミングです。)

 

そして運搬作業を楽にするために、中身を空にした状態で引越し業者に預けることになります。

 

そのため引越し日程が決まったら計画的に冷蔵庫の中身を処分していくようにしましょう。
調味料などはしばらく常温保存しておいても問題ないと思われますので、無理に食べきる必要はありません。

 

冬場の引越しなら段ボールにまとめて、梅雨時や夏の暑い時期は調味料も傷む可能性が高いのでクーラーボックスに入れて運ぶといいでしょう。

 

その他の生鮮食品については全て食べきってしまうか、ご近所におすそ分けするなどして処分します。

 

引越し前日には、冷蔵庫の電源を抜く必要があります。
冷蔵庫の中には霜がこびりついていますので、それが解けて水が出ます。

 

これが運搬中におこらないように前日から冷蔵庫の電源を抜いて霜を溶かすのです。

 

 

この作業をしっかりと行っておかないと、引越し荷物の運搬中に冷蔵庫から水が漏れてきてしまって、他の荷物に被害が及ぶ可能性があるからです。

 

冷蔵庫の種類によっては蒸発皿が付けられていることがありますので、そこにたまっている水も忘れずに捨てておくようにしましょう。

 

冷蔵庫の水抜きをしっかりとやっておけば、後は引越し業者が冷蔵庫に傷がつかないように新居まで運んでくれます。

冷蔵庫の引越しで注意する点

冷蔵庫の引越しで注意する点は主に二つです。

 

まず一つ目はサイズの確認です。冷蔵庫は大型になると100kgを超える白物もあるので、引越し先で入らないといった問題があります。

 

例えばマンションやアパートの場合でエレベーターが使えない場合は、階段で通す必要があります。
一戸建てで2階に上げる場合も同様です。業者に依頼する前に、冷蔵庫の幅と階段の幅に加えて作業スタッフが抱えたまま通れるのかの確認をして下さい。

 

通せない場合は、クレーンやスカイポーターといった特殊車両が必要になる実例もあり、追加費用として3万円〜5万円がかかってしまいます。

 

場合によっては、引越し先で買い換えた方が安かったとならないように注意して下さい。また無理に搬入しても、次回に引越す際も同じ手順、費用がかかりますので依頼前にスタッフと打ち合わせをして下さい。

 

もう1点は自力で運ぶ方のみが注意する点で横積み、横向きで運ぶのは禁止です。

 

冷蔵庫は元々立てて使用する家電ですから、横の衝撃に強くありません。立てて運搬すると荷台から高さ制限で引っ掛かるという理由で横積みで運ぶのであれば、業者に依頼して下さい。

 

無理やり寝かせて運搬すると、配管がつぶれたりコンプレッサーの損傷につながり冷房が効かなくなる恐れがあります。

 

また階段を通せない理由で横向きで運搬する際は、設置後に電源を入れるのを半日程度は様子を見てから入れて下さい。

 

最新型の冷蔵庫では、コンプレッサーが正常運転するまで電源を入れても動作しない冷蔵庫もありますが旧型では、コンプレッサーを正常に動かす為のオイルが全く関係の無い箇所に流れて行き、そのままの状態で冷蔵庫を作動させると冷えないといった事態につながりす。

 

念のため運ぶ前にメーカーの型番を調べて公式ホームページを参照するか問い合わせてください。
苦労して運んでも引越し先で処分せざるを得なくなっては元も子もありませんので注意事項を良く守って下さい。